本文へスキップ

公益社団法人 京都府放射線技師会

放射線について

放射線に関して京都府放射線技師会が作成した資料です。

会誌より

従来、会員向けに年報として発行していた冊子を、平成22年度より府民の皆様、診療放射線技師の皆様向けに毎年1回、京都府放射線技師会雑誌として発行することになりました。放射線に関する資料や活動報告を掲載しています。(PDFファイル)

平成22年度版
平成23年度版
平成24年度版

放射線技師の仕事

今でも「レントゲン撮影」といえば誰でも思いつくことができる「X線写真」ですが、これが我々診療放射線技師の仕事の原点です。その「X線写真」を始め、今や医師の画像診断のためにいろいろな臨床画像を提供するのが診療放射線技師の主な仕事です。
1895年にドイツのヴュルツブルク大学でヴィルヘルム・コンラート・レントゲン博士がX線を発見しました。それから100年以上経った現在、X線は医療業界を初め、さまざまな場面で人々の役にたっています。その中でも、誰もが最初に思いつくのが「X線写真」ではないでしょうか。左図はレントゲン夫人の右手の写真です。おそらく現存する中では最も古いX線写真ではなでしょうか。
現代の医療で「X線写真」はなくてはならないもののひとつになっています。以下にX線撮影技術のいくつかをご紹介します。

放射線技師会とは

我々診療放射線技師とは、1983年12月に制定された診療放射線技師法で「放射線を使用した全ての検査」、「MRI装置を使用した検査」、「超音波診断装置を使用した検査」、「無散瞳眼底カメラを使用した検査」を許可された国家資格です。この国家試験は文部科学省または厚生労働省が指定した学校で、3年間以上の養成教育を終了・卒業した者に受験資格が与えられ、合格すると厚生労働大臣より診療放射線技師資格を与えられます。同じような職業に看護師、臨床検査技師、臨床工学技士、管理栄養士、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、義肢装具士等があります。>
その診療放射線技師の免許を持った者が集まり、職能団体として活動しているのが、放射線技師会なのです。>
主な活動として市民に対して啓発、全国の診療放射線技師に対して資質の向上を行っています。
ここでは日本放射線技師会が行っている事業をご説明いたします。

原発事故と放射性物質、放射線計測器

原発事故以来、マスメディアやネットで放射線と放射性物質、放射性物質の量であるベクレル(Bq)、cpm、放射線量(吸収線量)のグレイ(Gy)、被ばく線量のシーベルト(Sv)と、専門用語が飛び交っています。素人である一般市民の中にもこの騒動で詳しくなられた方も多数おられるかと思いますが、簡単にご説明します。

くらしと健康展の掲示パネル

医療で用いる放射線
FDG-PET検査について
乳がん検診のススメ

原発事故の避難訓練 

平成26年度京都府原子力防災訓練
手順・経路等確認訓練、研修講師にて参加して

平成27年1月25日(日)に京丹後市丹後庁舎(丹後市民局)にて「平成26年度京都府原子力防災避難手順・経路等確認訓練」が開催され、放射線の基礎、原子力防災についての研修会講師として公益社団法人 京都府放射線技師会 北村 真副会長と一緒に出席しました。
訓練参加者は、京都府及び関係市町が策定した地域防災計画及び住民避難計画に基づいた、UPZ(原発から概ね30km区域)内の伊根町地域防災リーダー(自治会及び消防団幹部)及び京都府丹後広域振興局長・企画総務部長・伊根町長に京丹後市職員約60名の防災訓練に係る方々が参加されていました。
訓練の研修におきましては、京都府放射線技師会 北村 真 副会長による放射線の基礎知識、原子力防災の知識などの講義を行いました。約1時間の講義中は参加者全員が講義内容に注目して真剣なまなざしで聞き入っていた事が印象に残りました。また研修会終了後には、京都府丹後広域振興局長や伊根町長が北村副会長に疑問点などの質問事項を積極的に聞いておられた事は、今回の講義内容等大変良かった事を確信いたしました。
今回、京都府防災・原子力安全課より京都府放射線技師会に対しての研修会講義依頼による講師派遣でした。今後は放射線の専門家として、府・市などの行政機関や学校などの教育機関などから「放射線の基礎知識や原子力防災知識」などの講義依頼が増えていきます。病院で診療放射線技師として仕事を行っていた時代から、府民の前に出て放射線の専門家としてリーダーシップを発揮していく診療放射線技師像を予感させるような原子力防災訓練でした。

毎日新聞に掲載されました。

京都新聞に掲載されました。

福島県原発事故に関して

京都府放射線技師会としての取り組み、活動報告を掲載しました。
報告書
新聞掲載記事

京都府放射線技師会

〒604-8472
京都府京都市中京区西ノ京北壷井町
88-1 二条プラザ1F

TEL 075-802-0082